長年にわたって、アドビPhotoshopは、人々が机上コンピューティングの世界に最も重要なこのプログラムの貢献であるだろうことを見失う傾向があるような机上グラフィックスの要素になった: すなわち、プラグインの大衆化。 外部のコード資源は、もちろん、Photoshopの初期の日中に新しい何でもなかった; 例(そして、それの前に、HyperCard開発者は、XCMDsを擁護した)のために、シリコン浜辺に、SuperPaintですでにプラグイン・サービスがあった。 しかし、Photoshopはサードパーティのプラグインを大規模に利用する最初のbonafide「殺人者アプリ」であった。そして、ホスト・プログラムの中心的な機能性を広げるために外部のプログラマーの努力に影響を及ぼした。 それは光り輝く計略であった。そして、グラフィックス-ソフトウェア市場において、Photoshopの覇権を確実にした。 Photoshopのおかげで、今日、主なソフトウェア・タイトル(いかなる種類の)の開発者がプラグイン・アーキテクチャを提供することを怠る余裕を持つことができない所で、ユーザー予想は点まで上げられた。 コンパイラ、ウェブ・ブラウザ、データ-圧縮ユーティリティ、ページ-レイアウト・プログラム、組合せを編集しているビデオまたは3Dにそれがその機能性のあまりプラグイン・アーキテクチャに頼らない(最も多くでないならば)モデル化しているアニメーション・プログラムを見つけることは、難しい。